ニュース

Gerber X2 : CAD-CAM間コミュニケーションを牽引する新パラダイム

プレスリリース

Ucamco社は、ガーバー(Gerber)フォーマットの第2代目拡張版となるガーバーX2(Gerber X2)を発表する運びとなりました。ガーバーX2の仕様では、プリント基板業界で初めて、画像メタデータに対しガーバー規格を設けました。CAD-CAM間コミュニケーションプロセスをより明確にするために、情報を分かりやすく明確に保持できます。ガーバー X2のファイル仕様とサンプル版アーカイブが当社ダウンロードページから入手できます。

もっと見る

標準ガーバー(Standard Gerber)を廃止

ガーバー(Gerber)ユーザー様向けニュースレター

拡張ガーバー(Extended Gerber)をお使いください。
標準ガーバー(Standard Gerber)は技術的に旧式です。
現在もご使用の場合、得られるベネフィットはなく、
お客様のビジネスならびにエンドカスタマーや連携会社のビジネスを
不必要なリスクにさらしていることになります。


Ucamco社は、ガーバーフォーマットの開発者かつ管理人として、本レターにて標準ガーバー(Standard Gerber)に関する重要な情報をお伝えいたします。
 
標準ガーバーは、技術的に旧式のフォーマットです。

  • 「標準ガーバー」と称していますが、プリント基板データの転送を定義した基準ではありません。つまり、単位やアパーチャの定義といったものが、明解な規格に従っているわけではなく、決まりのない文書形式で記され、否応なく主観的解釈に任されています。結果として、規格化した安全な方法で、標準ガーバーファイルを装置で読み取らせることができません。
  • 標準ガーバーでは、アパーチャの塗り潰しやベタ銅箔が必要になり、いずれもCAMでの手作業が必要で、プリント基板製造工程におけるコスト増、遅れ、リスクにつながります。
  • 標準ガーバーは、属性に非対応です。

拡張ガーバーファイルであれば、装置で読み取ることができ、塗り潰しが不要で、属性に対応しています。実際に、あらゆるソフトウェアで拡張ガーバーの読み込みが可能で、新たに導入するソフトウェアの多くは、もはや標準ガーバーに対応していません。標準ガーバーを使い続ける妥当な理由が見当たりません。拡張ガーバーではなく標準ガーバーを使用することにより、自ら自分に不利益を課すことになります。

 拡張ガーバーは、標準ガーバーに取って代わるフォーマットです。拡張ガーバーは最新のガーバーフォーマットです。従って、標準ガーバーファイルは、そのガーバーの仕様に適合していません。

 完全規格化されている拡張ガーバーではなく標準ガーバーの使用を選ぶユーザーの方々には、その結果として生じうるあらゆる課題・問題に責任をもっていただく、それがガーバーフォーマットに関するUcamco社のスタンスです。

 

ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

Ucamco 
マネージングディレクター
Karel Tavernier

記事全体をPDF(英語)で読む

もっと見る

Karel TavernierがGerber X2を発表

APEX Expo 2014にてファイル転送フォーマットに関するパネルディスカッションが開催されました。

 Karel Tavernierが、ODB++との比較から、IPC-2581 と組み合わさったGerber X2の優位性を解説しました。

司会進行: Altium社カスタマーサクセスマネジャーBen Jordan氏
パネリスト: Ucamco社マネージングディレクターKarel Tavernier、Mentor Graphics社ビジネスディベロプメントマネジャーDave Wiens氏、Cadence Design Systems社プロダクトマーケティングディレクターHemant Shaw氏

リンク: http://realtimewith.com/pages/show.cgi?rtwsid=76&rtwvid=3403&c=0

もっと見る

ガーバー(Gerber)に新しい属性が登場、CAD-CAM間コミュニケーションに変革

Ucamco プレスリリース

Ucamcoは革新的な2代目拡張ガーバーフォーマットを発表いたします。この新しいフォーマットでは非画像データに明確な規格が打ち出され、広く知られている現行のガーバー画像データフォーマットと同様にシンプルで実用的、誰でも利用できます。

もっと見る

パッドの塗り込み-CADとCAM間コミュニケーションの課題

執筆:Karel Tavernier/発表:PCB Magazine 11月号


ガーバーフォーマットは、しばしばエレクトロニクス産業のバックボーンと称されるように、プリント基板設計者や技術者が使用する最も簡単で信頼できる画像データ転送フォーマットです。ただこのフォーマットは誤った使い方もされています。その一つにパッド・エリア塗り込みがあり、基板設計者様にすぐにでも停止をお願いしたい描画方法であります。

PDFで記事を読む

もっと見る